無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

2月24日 稽古風景 ③

P1020722

 二十四節気の雨水を過ぎ、今日は春を感じる暖かな日

 となりました。植物も着実に芽吹き始めています(o^-^o)。

P1020878

 ✽早梅の文

P1020879

 ✽丸卓を使っての薄茶点前

  初飾り

P1020882

 ✽組合せ濃茶点前

  習い事13ヶ条のうちのひとつ。 

  準備として道具全部を飾りつけておきます。

  何も持たずに茶道口より入ります。

  由緒ある建水などを使う場合に、この点前をするようです。

  

P1020871

 主菓子( 銘 初音  色づいた春の小山にうぐいすが鳴いているさま

         鼓月製)

P1020875

 干菓子(金沢 落雁 諸江屋製)

P1020874

 パッケージがとても素敵でした(*^-^)

2012年2月16日 (木)

2月16日 稽古風景 ②

P1020864

 立春を過ぎ、まだまだ寒いけれど、日だまりができ

 気持ちも温かに。

 もうすぐ、虫たちも動き出します。

P1020854

 ✽早梅の文 

   梅、椿

P1020856

 ✽早梅の文  利休居士筆

   最後に利休居士の花押であるケラ判がはっきりと

   みてとれます。 もちろん、レプリカヽ(´▽`)/

   どうして、ケラ判と言うのか、、花押が虫のおけらに似ているから

   だそうです。 確かに、似てます。

P1020858_2

 

P1020862_2

 まずは、薄茶で一服差し上げました。

 筒茶碗の絞り茶巾薄茶点前

P1020853

 主菓子(銘 春告草 鼓月製)

P1020868

 ✽独客濃茶点前

 一客一亭とも言います。

 客が一人の場合、亭主も相伴します。

 この点前は、亭主、客ともに難しいと思います。

 

  

2012年2月 3日 (金)

2月3日 稽古風景

P1020812

今日は、立春の前日、節分の日。

暦のうえでは春ですが、、、、

水のあるところは、凍てつき、気温も氷点下。

豪雪地域から比べると、こんな寒さもまだまだなんでしょうけど

寒かった~です(ρ_;)。

P1020827

✽雲生水殿龍常現月満官松鶴並棲   伊藤東海筆

P1020828_2

梅 椿

P1020835

✽ 丸卓による筒茶碗の薄茶点前

  建水と替え茶碗を運んだところ

利休の七箇条の中に、夏はいかにも涼しきように

冬はいかにも暖かきように、という言葉があります。

夏には平茶碗を使い、極寒のこの季節には筒茶碗

を使います。

「絞り茶巾」をしてゆっくりと茶碗をあたため客に施します。

今日は、お弟子さんのご子息も参加されて、楽しい稽古時間

となりました。若い方が日本の文化に興味をもたれるのは

いいですね(*^-^)。

P1020826

✽ 総飾り

P1020823

✽主菓子(節分 鼓月製)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »