無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

5月25日 稽古風景③

P1030253

 5月21日頃は、二十四節気のうちのひとつ

 小満と言います。梅雨はすぐそこに。

 植物は花をつけ、その花も散り実を結びます。

 この木の名前はマユミ。秋になると葉は

 紅葉し、薄いオレンジ色の実をたくさんつける可愛い木です。

 

P1030282

 ✽玄関の花

 
    小葉の髄菜(こばのずいな)

    別名ヒメリョウブとも。爽やかな夏らしい花だと思います。

    丁字

P1030277

 ✽渓水山風共清(けいすいさんぷうともにきよし)

   山を歩いていると澄み切った谷川のせせらぎが聴こえ、

   風も心地よくといった情景。

   そういった情景をこの茶室に持ち込んで稽古しました。

P1030280_2

 ✽矢筈すすき、額アジサイ

P1030294

  ✽運びの薄茶点前と亭主相伴

  ✽亭主相伴、、、亭主が客に十分薄茶を差し上げた頃

    客より「ご亭主も一服めしあがっていただきたい」と

    申し出、これを受けて席中でも亭主が一服のお茶を

    いただくことがあります。

  
P1030290

 ✽主菓子(銘 岩根ツツジ 鼓月製)

P1030291

2012年5月15日 (火)

5月11日 稽古風景 ②

P1030184

 

屋根の上に悠々と青鷺。

以前に遊びに来ていた雛が成鳥したのかも(o^-^o)

Sh3l02850001
 

Sh3l02850001_2

 

花筏、濃色京かのこ

Sh3l02750001

青山元不動(せいざんもとふどう)

Sh3l02810001

 

✽風炉運び濃茶

Sh3l02830001

✽続き薄茶

Sh3l02790001

主菓子(初かつを  美濃忠製)

     淡い色の優しい上品なお味で、名古屋銘菓。

     季節限定だそうで、お弟子さんからいただきました。

Sh3l02780001

干菓子  老松製

2012年5月 4日 (金)

5月2日 稽古風景 ①

P1030198
 

 

 

 日ごと緑が増し、いい気をいっぱいもらいます。

 黒百合も小さな花をつけました。鉢植えで三年目です。

 放ったらかしなのですが今年も美しく咲いてくれました。

 花は美しいのと裏腹に、悪臭を放つのでハエが、、、

 飛んでおります(゚ー゚;。

P1030216

 ✽斑入りのアマドコロ、都わすれ、二人静

P1030223

 ✽青山元不動(せいざんもとふどう)

   青山元不動 白雲自去来(はくうんおのずからきょらいす)

   と対句になっています。

   禅ではいろんな周りの現象があっても、心とらわれず、右往左往する

   ことなく山のように我道を貫き通せという意味らしいです。

 


P1030226


✽牡丹  やっぱり百花の王、美しいです。

       稽古が終わる頃には、開ききってしまいました(^-^;。



P1030227

 ✽運びの風炉薄茶点前

   お家元の御稽古では、五月五日立夏までは五月に入っても

   炉の稽古になるとか。

   切り柄杓に結び柄杓、、釜に柄杓を置くだけの所作なのに

   手の動きは美しく、昔の人はよく考えられたと思います。

   

P1030219

 ✽主菓子(銘 武者カブト 鼓月製)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »