無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ

2012年11月

2012年11月10日 (土)

11月9日 稽古風景②

P1030703

11月立冬のころになると、炉を開きます。

春から半年を過ごした風炉の茶も終わり、いよいよ

炉の季節となりました(*^-^)。

P1030702

松無古今色(まつにここんのいろなし)

竹有上下節(たけにじょうげのふしあり)と対句に

なっています。

  

照葉(小葉の髄菜、足摺野路菊)

  足摺野路菊(あしずりのじぎく、、、高知県の足摺岬海岸あたりに

           生えているらしいです。

P1030704

炉の運び薄茶点前

P1030700

主菓子(銘 霜見月  鼓月製)

P1030701


P1030707

 

11月2日 稽古風景①

P1030697

木々の葉も色を変え、華やかな景色になってきました。

通りがかった今宮神社の境内、手前のあぶり餅やさんも

大勢の人で賑わっておりました。

P1030694

楓葉経霜紅(ふうようしもをへてくれないなり)

楓葉、、、紅葉した楓のこと

  楓も冷たい霜がかかり美しく紅葉するように

  人の人生も、辛いことや苦しいことを経験し乗り越えて

  味わい深い人間になっていくということ。

P1030695

  錦木(にしきぎ  秋になると紅く紅葉するので

      またの名を五色木とも言うらしいです。

      枝の翼がコルク質になっています。

  白菊


P1030696

 炉の運び薄茶点前

 

 

 

P1030692

主菓子(銘 蔦紅葉  鼓月製)

P1030693

10月18日 稽古風景③

P1030682

芙渠滴秋露(ふきょしゅうろにてきす)

芙渠、、ハスの葉のこと

ハスの葉に秋の露が滴っているさま。

風炉の最後のお稽古は、中置きの薄茶点前をしました。

P1030679

道具も古い侘びたものを使いました。

主菓子(鼓月製)


P1030680

10月12日 稽古風景②

P1030656

寒露。晩秋から初冬の冷たい露が降りる時期です。

写真は、山野草ではなく、ハーブのレモンバーベナです。

お抹茶も美味しいですが、熱いハーブティも格別です。

P1030673


P1030678

 中置きの濃茶点前

P1030670

主菓子(銘 実りの秋  鼓月製)


P1030671

« 2012年10月 | トップページ